プロフィール

風林火山

Author:風林火山
ご訪問頂きありがとうございます。

甲斐犬達に囲まれ楽しく生活しています!

我が家の甲斐犬達の日常
家族の出来事etc...
ボチボチと綴っていこうと思います。
宜しくお願いします!

カレンダー+最終更新日
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
accesscounter
onlinecounter
現在の閲覧者数:

第143回展覧会 4

泣いたり笑ったりの展覧会でしたが

もう1つ嬉しい事が!


ここちゃんのお爺ちゃん犬



我が家の大と同じ紫龍を父にもつ 治狼号 成犬1席!!
やっぱり凄い!
もの凄く嬉しいー!

もう8歳 なのに!いやいやまだ8歳ですね!

お見事~! ヽ(^o^)丿

前回の秋展で春展に出陳すると聞いていたので凄く楽しみにしていました!

治狼号の尻尾は針金が入っているかのようで見とれてしまう!



牡犬らしい迫力あり、こんな顔貌他にまだ見た事ない母さん!たまりません!


我が家の父さんこの血統に拘っているので凄く喜んでバンザーイ!

おめでとうございます!
自分の事のように嬉しかった~!





ここちゃんの兄妹犬!可愛い~


右ここちゃん


楽しみが増えたわッ !(´艸`*)
また成長した兄妹犬に会うのが今から楽しみでしかたない!
ここも秋展に向けて頑張らないと!!!

DSC_0040 - コピー




明日は師匠宅に!



にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

第143回展覧会 3


嬉しいご報告も

風真乃壱大郎 壱ちゃん 壮犬の部 5席



前回未成犬牡の部で入賞している壱ちゃん 今回も入賞!おめでとう~!
家に着き琴母と玄父に報告しました!(*^。^*)

 仕事も忙しく、子育て真っ最中プラス展覧会と ほんとに大変な事だと思います。
色んな事に悩み一生懸命壱の事を考え、何度も我が家へも足を運んでくれ、ほんと感謝しています。有難う!

いつもはまだまだ子供っぽい可愛い表情を見せてくれる壱ちゃん
本番ではとても堂々とした立ち姿見違えてしまいました!かっこよかったよー!!!




続いて壱と兄妹犬
黒刀桐姫 キリちゃん 壮犬の部 2席



琴の仔をと待ってくださった飼い主さんでした!
キリちゃんのお引き渡しまで何度も何度も足を運んでくださったことが昨日のように思い出され
色んなことがありましたね~

入賞の瞬間はもう凄く興奮してしまいまい...壱母さんをバシバシ スミマセン...
感動をありがとう~!

弟分の丸ちゃん未成犬 牡の部 残念な結果となりましたが
丸がリングで一生懸命に立ちこんでいる姿と頑張っているハンドラーのKちゃんにキュンキュンしてしまいました。




クッキー 壮犬牝の部 5席



未成犬の部からの連続の挑戦何度も悔し涙を流したクッキーが入賞~!
いつもファミリーできてくれ場がぱっと明るくなります。
ハンドラーは息子さん!

好青年の兄弟で頑張り、展覧会に挑んでくれています。
頑張ったんやろね~

今回は体調が悪い中頑張っ来てくれました!
入賞の瞬間お上品なクッキー母さん一キャーと声をあげられていた!
一緒に喜ぶ事ができてほんと良かった~

諦めず挑戦する事!我が家も頑張らねば...
ほんとに嬉しい!!!




山城の彩雲  スバル 壮犬牡の部



今回は残念でした。

興奮してガウガウしてしまったスバルですが
最後までハンドラーのRちゃん踏ん張り頑張ってました!まだ中学生しっかりしています!

一生懸命なハンドラー姿、抱きしめたくなっちゃいます!
お姉ちゃんのスピカも思う様な結果が得られずリングから帰って来たRちゃんの目に涙がいっぱい...



春展に向け頑張ってきたスピスバファミリーを母さんは知っているのでその涙よくわかる。

また一緒に頑張ろね~♪ 出直すよ~


カメラマンに徹してくれたSちゃん!
沢山お写真ありがとう!




みんな頑張りました! ρ(^-^*)ノ
それぞれのご家族はこの日の為に頑張ってこられその過程をずっと見てきました。
晴れ舞台に立っている姿を見ているとウルウルしてきます。(ノд-。)

泣いたり笑ったりの結果でしたがみんな本当に素敵でした!!! o(T^T)o

ありがとうございました! 感謝



ここちゃんのお爺ちゃんと兄弟!次に続く~



にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
フリーエリア


アルバム
フリーエリア
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム